晴ればれと 健康勝ちとれ わが人生
                             池田大作氏(創価学会インターナショナル会長)
     
健康を勝ちとる    
 一つの大きな鍵は「智慧」です。
聡明に時間を工夫して睡眠をとることです。
疲れをためないことが大事です。
無理をせず、なるべく決まった時間に寝て
生まれ変わったような新鮮な命で、今日から明日へ
生き生きと活力を満たしていくことです。
「ぐっすり眠ること」を生活の基本として、日々朝日が昇る
ようにはつらつと、わが心身を蘇生させていく
これが
大宇宙のリズムに則った正しい生命の軌道といってよいでしょう。
    
 人間とは身体と精神が一体の存在である、健康長寿のためには、「身体面での運動」
ともに
「精神面の運動」がポイントであると強調されました。それは、確固たる信念や信仰を持って、勇敢に誠実に人のために行動していくことです。
    
 現代は「ストレス社会」といわれます。            
ストレスの上手をいく
@恨みや怒りはストレスに耐える力を低下させるため
尊重や思いやりにかえること
豊な人間関係を持つ・・・お互いに励まし合いながら、笑い飛ばしていけるような。
A
人生の目標を持つこと
確かな人生の目標は、つかみどころのないストレスに振り回されぬ強さをもたらしてくれます。
B他者に尽すことが、そのまま自分にプラスになるような
生き方をすること
さらに
悩める友を励まし他者に尽す地道な積み重ねは、いつしか自分のストレス
など悠々と見下ろせる境地を開いてくれるものです。
    
社会で光る       稲垣 正夫氏(株式会社 マサツーディ・ケイ創業者
    日蓮大聖人の仏法は、勝利するための信仰です。
        
厳しい現実社会の中で、いかに振舞っていくか・・ 
       
「人間性」あふれる思想こそ
  これからは、
近代化した東洋的思想が世界をリードするのではないかと思っています。
「論語」の中に、「終生心がけねばならない、一番大切なことは何か」と孔子に問えば
「それは”恕”であろう、つまり自分がしたくないこと、されてたくないことを、他人にさせたり、
 仕掛けるべきではない」と答えています。
  
人に対する思いやりや真心が何より大切であるという。
この思想こそが
豊かな21世紀をつくる礎だと思っています。
いずれにしても、
精神的な生き方が物質的な生活をリードしていくという姿勢になった時、
人は本当に幸せになるのではないでしょうか。